十一月一日   さんくみ。

そういえば昔ウチのテレビは赤かった。今じゃそんな赤いテレビとか売ってないよね。

毛布被って3組鑑賞。




さんさんさんさん、爽やか葉月ヒロタカです、こんばんは。


子どもの頃、小学校を休んで『さわやか3組』を見ることは一種のステータスであった。

普段は学校のために見れないテレビ番組を見たということは、それだけで大きな話題性を持っていたのだ。

他にも理科の番組など色々あったが、その中でも特に『さわやか3組』はカリスマ性があって、特別視されていた。


何が面白いというわけでもなかったが、何故か特別な存在だったのだ。

「さんさんさんさん爽やか3組〜♪」という主題歌の分かり易いフレーズが小学生の心を掴んで離さなかったのかもしれない。

僕の中では算数番組『アリスとテレスの大冒険』挿入歌である「チャウチャウそれは違います、違っていては〜こまっチャウチャウ」と並ぶ思い出の一曲となっている。(わからない人はわからなくて良いと思います)


それほどまでに恋焦がれる「爽やか3組」であったのに、小学校の頃は東組・西組で分けられており、中学・高校になっても、教育実習生としても、自らは一度として3組のメンバーになったことがない。


何故だ、僕には3組になる資格がないとでも言うのか。

何が…何が悪いんだァー!



多分、運が悪い。(自己完結)


そんなこんなで、世の中そんなもんだよねとか思う雄島亭は何でもいいから3組の人を草葉の陰から応援しています。


 十一月ニ日   夢の中での解析。

夢を覚えている時は大抵寝起きが良い。なんでじゃろうか。

起きて最初に頭に浮かぶワードがこんなのだと自分が心配になるよ。




アクセス解析を見ていたら、「胸毛帝国の野望・ウチの父ちゃんはBIGやで、どやっ!」というサイトからリンクされていた…という内容の夢を見た。


起きた後に夢の内容を覚えていること自体稀だというのに、具体的なサイト名までしっかり覚えているとは…。

もしかするとこれは、正夢になるかもしれないと思い、10日ぶりくらいにアクセス解析を見てみたが、それらしいサイトは無かった。


必要以上にガックリ。

あんまりにもワケの分からんネーミングだったもので、不覚にも期待してしまった。

よくよく考えなくても当たり前だ。

ネーミングセンス云々の問題ではなく、サイト名なのかも疑わしくなる。

ついでに、思いついたヤツの人格も疑わしくなる。

何が「どやっ!」だ。


だがしかし、この広い世界の広いインターネット、未来にはそういう名前のサイトが現れる可能性もゼロではない。

未来の可能性は無限。

この夢が正夢になる可能性はあるのだ。


ですので、サイト閲覧者の諸君が新しいサイトを立ち上げる際に、どんな名前にしようか迷ったら、「胸毛…(中略)…どやっ!」にすることを御一考下さい。



そんなこんなで、雄島亭は変な名前のサイトの管理人さんを草葉の陰から応援しています。


 十一月四日   10日ぶりのメール。

夢を覚えている時は大抵寝起きが良い。なんでじゃろうか。

でも、中学校の頃の僕だったら大絶賛してるね、いちご。




僕の携帯には滅多に電話やメールが来ないのですが、今日久々に届いたメールに胸を躍らせてみたら、「いちご100%の真中に今僕は猛烈に怒っている、連邦のモビルスーツは化け物か」(要約)という内容でした。

独裁者スイッチが欲しいと思う、そんな平和な毎日です。

_| ̄|○

 十一月六日   バカじゃないんだってさ。

アホの図

少なくとも阿呆なのは間違いない。




何やら風邪をひいている模様、葉月ヒロタカです、こんばんは。

一週間以上前から微弱に諸症状が出ていたので、どうなるかと思っていたが、今回無事に熱も出たということで、風邪をひいたと名乗っても良かろう。


いやはや、これまで21年生きてきて、物心がついてから程度の差はあれど毎年風邪をひいている。

そうした中でうすうす気付いてきたのだが、もしかして「バカは風邪をひかない」というのは迷信なんじゃないだろうか。


今回僕が風邪をひいた最大の要因は、トランクス一枚で寝て、布団を蹴飛ばしたことにあると推測される。

この行為をバカと言わずして何と言えばいいのか。


恐ろしい事実に気付いてしまった。

「バカは風邪をひかない」という思想を広めている闇の秘密組織に命を狙われることになるかもしれない。

怖い、黒い服を着た男たちがバールのようなものを持って追いかけてくる。

そう考えると、寒気がして、ガクガク震えてしまう。(風邪ひいてるので)


大人しく布団に入って寝ます、おやすみ。


そんなこんなで、雄島亭は風邪をひきやすい人を草葉の陰から応援しています。


 十一月七日   萠っ子の玄米ちゃん。

ホントはプリントTシャツだけど省略。

男の仕事着はTシャツにジーンズ。




深夜早朝の寒さが骨身にしみる今日この頃ですが、作業場ではTシャツ一枚、これが健康の秘訣です。

風邪ひきながらいけしゃあしゃあと健康を語る葉月ヒロタカです、こんばんは。


さて、今日の作業中の話です。

僕の担当地区にはアニメショップがあるので、オタクちっくな荷物が比較的多いのだが、そうした濃い荷物に混じって「萠っこ」と印刷された箱が流れてきた。

あーまたオタグッズかぁ…、とか思っていたのだが、よくよく見ると「萠っこ玄米」と書かれている。

少し好奇心の湧く名前ではないかね。


なるほど、萠っこ玄米ちゃんとかいうキャラクターのグッズなんだな。

玄米という名前が渋いが、そういうキャラにかぎって可愛かったりするものだ。

詳しくは知らないが小麦ちゃんとかいうキャラクターも居ると言うし、きっとその関連キャラだろう。

魔法少女とかそういう類のものなのだろうか、なんだか楽しくなってきた。





で、家に帰ってgoogleで検索した結果、



萠っこ玄米(参考)


微妙に「萠っこ」を意識していると思われる蓋に殺意すら覚える逸品でした。

_| ̄|○

な、なんだよ、こんなの玄米ちゃんじゃない!僕の萠っこ玄米ちゃんを返せ!



そんなこんなで、世の大人たちは僕のような救いようの無い人のために「もえ」の使用には万全の注意を払って欲しいものだなぁと思った雄島亭は萠っこ玄米を草葉の陰から応援しています。


 十一月九日   武器。

連続白抜き背景途切れた。

「あ、あれは御突唖巳(みつあみ)…まさかこんなところで見ることになるとは!」
「なにぃーッ!知っているのか雷電!?」




ホアー!葉月ヒロタカです、こんばんは。


大学でたまにすごい長い三つ編みの人を見かける。

漫画等で見かける度にも思うのだが、こういう髪型ってなんか武器になりそうに見える。


「ホアーホアー、チョワ!」とか言いながら頭を振るだけで大男の2・3人は吹っ飛びそうだ。

うっかり技の射程距離に入ると僕のような貧弱ボーイは一撃で屠られそうなので、いつも戦々恐々としている。

なんて恐ろしい髪型なんだ。

清楚でありながらもその有り様はパンク。


痴漢に悩む女性とかもこういう髪型にして、「やめて下さい」という意思表示と同時に攻撃を加えてみてはいかがでしょうか。


そんなこんなで、雄島亭は三つ編み少女を草葉の陰から応援しています。


 十一月十日   兼業。

こういう話をしていると自然と相手の顔色が悪く見えてくる。

笑顔なのが逆に怖い。




はい、葉月ヒロタカです、こんばんは。


バイト先の同僚の人とお話していたら、

0時〜6時  バイト
8時〜21時 本職

という感じで、ここ4日ほどロクに寝てないよー、という話を聞きました。

ぎゃー、なんて恐ろしい生活。

この合間に通勤だの退勤だの食事だの入ったら、いつ寝るのか分かりません。


私は日記などでしきりに勉学とバイトの両立でつらいとか言っていますが、今まで知らなかっただけで、ちょっと上を見ればいくらでも上の人は居るものです。

どんなものでも、下の人ばかりを見ている人間と上の人を見ている人間とでは成長の具合が違うのではないかと思います。

「自分なんかまだまだだ」って頑張るのって大切ですよね。


でも僕は、それを踏まえたうえで下を見ますけど。

僕はよく頑張っているよ、うん、そう考えないと嫌になるよ。



そんなこんなで、大学生のくせに毎月所得税を払っている雄島亭は過労気味の人を草葉の陰から応援しています。