十ニ月十一日   呑。

目が充血するのが特徴、真っ赤になるよ。

つらいんよ。




昨夜は忘年会。

元々酒には強くない僕だけど、酔って飲めなくなる前に、お腹がいっぱいになって飲めなくなる。

だから、飲み放題の2時間で飲むよりも、ちびちび長時間飲むほうが好きだ。


あと、飲み会とかではトイレが近くなるが、あえてそこでは出さずに、次の日の朝するのが好きだ。

ああ、今の俺は豪快に放尿してる、って嬉しい気分になる。

二日酔いなんざ一発で吹き飛ぶ。

「みんなもそうだろ?」って聞いたら全員しかめっ面で返してきた。


いいんだ、みんな違ってそれがいい。


そんなこんなで、雄島亭はエビスを草葉の陰から応援しています。


 十ニ月十ニ日   えっちなコーナー。

えっちな本とかって表記は、エロ本に比べてだいぶソフトだと思うんだ。

アイドルはトイレに行かない、みたいな理屈。




本屋でカッコイイお兄さんが真剣にエロ漫画を選んでいた。

僕はそうした売り場ではコソコソしてしまうチンケな人間なので、尊敬してしまう。


思い出せば、うちの父ちゃんも子供連れで本屋に行って、気がつけばエロ本コーナーで立ち読みしてるような人だった。

買い物が終わったら、えっちな本の置いてある場所に父上を迎えに行くというのが我が家のしきたりだったのだ。

あの頃は、なんていやらしい男なんだとか思っていたが、今なら尊敬できる。

父親は凄い、エロ本読んでる父ちゃんの背中…でかいよ。


でも、エロ本の立ち読み云々のエピソードで見直される父親像ってちょっと間違ってないかな、と思わないでもない。


そんなこんなで、雄島亭はエロ本を読むカッコイイ人を草葉の陰から応援しています。


 十ニ月十六日   有害図書館。

官能小説とかがずらーっと並んでいたりするの。そして、はじめはBLは端のほうに数冊あるだけなんだけど、一年後くらいには半分をBLが占めるようになっていたりするに違いないんだ。

図書館の案内板を見ながら。




最近更新が空き気味の葉月ヒロタカです、こんばんは。


今日から冬休み。

嬉しい、寝れる、平日なのに余裕がある、やや浮かれ気味。

なので、ゼミの課題のために図書館に行っても上記のようなことしか思い浮かばなかった。


そういえば、大学受験の勉強を図書館でしていたときなんかも、「風俗」とかの棚に置いてある真面目なんだけどえっちな本を読みふけっていたという経験がある。

東南アジアの性風習とか、そんな題名のやつ。

お前は何の勉強をしてるんだ、と語りかけたくなる。


しかし、本来真面目な空間である図書館でえっちな本を読むという背徳感は確かに堪らないものがある。

ああ、いけないっ、こんなところでなんて…神様が見てる、みたいな感覚。


それにしても、今気付いたが前回・今回とえっちな本の話ばかりしている。

いけない、これでは清純路線で売ってる僕がエロ本好きのエロ野郎だと勘違いされてしまう。

なので一応弁解しておくのだが、僕は特別エロ本が好きというわけではない。

現に、ここずっとエロ本は買っていないし読んでいない。

僕はエロ本派ではなく、どちらかと言うとエロサイト派なので、どうかご理解頂きたい。


両者にどの程度の違いがあるのかは甚だ疑問であるが。



そんなこんなで、雄島亭は有害図書呼ばわりされる書物を草葉の陰から応援しています。


 十ニ月十七日   ラクリマ・覚えていますか。

自分より腕力の強い人には勝てない魔法少女。描きながら何故僕はこんな絵を描いているのだろうかと疑問に思ったが、一生懸命自分に目をつぶって描いたよ。

メルヘンちっくな効果音とともに。




風邪以外の流行からはとり残されている葉月ヒロタカです、こんばんは。


一昔前の話だが、「ラクリマ・クリスティー」というバンドがあって、姉がファンだった。

しかし僕はどうにも流行に疎いので、当時その「ラクリマ・クリスティー」が一体何であるのかを知らなかった。


ラクリマ・クリスティー…名前のようにも思えるが、どこか呪文じみている。

「ラクリマ・ラクリマ・クリスティー♪」とか唱えながらステッキを一振りすれば魔法少女にでもなれそうな響きだ。

姉もオタクであるし、これは魔法少女に違いない!

そう思った日の晩、たまたま見ていた音楽番組にラクリマ・クリスティーが出ていて、バンドだった上に魔法少女でもなかったのでひどくショックを受けた。

女の子ですらないだなんて、「裏切られた」と世の中を呪ったものだ。


今では分からない単語があるとすぐにgoogle等の検索サイトで探せるので楽だが、あのときのような豊かな想像力は失われてしまったと思う。

ちなみに他の例を出すと、「DA PUMP」はずっと「THE PUNK」だと思っていた。



そんなこんなで、雄島亭はラクリマ・クリスティーを草葉の陰から応援しています。


 十ニ月二十日   また。

出発10分前に大急ぎで描いてますw

あかんなぁ。




最近さぼっててすいません、いや別に僕としては全然さぼってるつもりなどないのですけれど。

はい、葉月ヒロタカです、こんばんは。


今日から巡検行くのでまた数日更新できません。

いってきます。

過去ログが最近寂しいので、更新できない三日間の分も先に描いておきました。

心の広い人だけ見てください。


ちなみに今日の日記の内容もこれだけです。

心の広い人だけ読んでください…って最後に書いても意味ないか。


そんなこんなで、雄島亭は軽井沢を草葉の陰から応援しています。