九月二日   また旅ですってよ奥さん。

雄島亭は寝袋を草葉の陰から応援しています。

 こんどは自転車ってわけじゃなかったですけど…。

 三泊四日南伊豆の旅。もはや野宿に慣れきっている自分が誇らしいです。


−−−−−


本日のここ】

 なんかだるだるなのでぼくやすむね。

 九月三日   昨日の続き。

雄島亭は南伊豆を草葉の陰から応援しています。

 人間って恒温動物なんだよね、あったかいよね。

 「うまいか、うまいか」
 「お…おいしいですぅ」
 「よし、もっと食え!遠慮したら殺す」

 みたいな会話をしていたような気がします。結局老夫婦のお言葉に甘えて二晩も泊めてもらって、とんでもない図々しさを発揮してしまいました。田舎万歳。


−−−−−


本日のここ】

 なんかだるだるなのでぼくきょうもやすむね。

 九月十日   手屁。

雄島亭はめんどくさがりさんを草葉の陰から応援しています。

 ただいま実家に帰ってきております。

 普段と環境が変わると作業とかし辛いですよね。できねーわけじゃねーけど、やる気が沸かねー…みたいな。

 更新が空いてた間には別に何も無かったということもなくて、むしろ三日以降も色々あったりしたわけなんですが、まぁ、うん、めんどいから聞くなって感じで。

 こういう時に、日頃から不誠実な管理人としてアピールしてきたことが役に立ってきて嬉しいです。

 やる気無くてごめーんね☆(最近☆とかつけてかわいこぶれば許されると勘違いしている感がある)


−−−−−


本日の作業環境】

 実家ではこんな感じの作業スペース。



 がお。

 普段は19インチのCRTを使ってるので、画面が小さくなるってだけでも辛いのであります。あと、スキャナが無いとかスピーカーが無いとか常時接続でないから気分転換のネット巡回ができないとか色々。

 お部屋自体は12畳あるので、広々としてて気持ちいいんですけど。

 雄島亭はトリケラトプスを草葉の陰から応援しています。

 九月十七日   椅子寝。

雄島亭はどこでも寝れる人を草葉の陰から応援しています。

 部屋に着いてすぐ、荷物も広げないうちに飲みに誘われまして、再び帰ってきたときには夜中の4時。

 玄関に置いてある椅子に座ってそのまま熟睡。途中何度も起きるも、数メートル先の布団に移動するのがおっくうで、ずっと椅子で寝ておりました。

 今となっては何故にそこまで頑なに椅子で寝ようとしていたのか理解できません。せめて寝るなら背もたれのある椅子で寝て欲しかった。(椅子から落ちて打った頭をさすりながら)


−−−−−


本日のgoogle検索】

 ふと思い浮かんだ事なんですけどね、私はベレー帽というと手塚治虫先生を思い浮かべてしまうんですが、世間ではどうなんでしょうか。手塚先生並にベレーな奴がいるのでしょうか。…というわけで、

 「〜ベレー帽といえば」で検索した結果

 一番最初に来ましたのが、「手塚治虫か桜田順子」でありました。最初に来ましたね、まぁ、ごくごく一般的なものだと分かってそれはそれでいいです。二番目に「ネイビー」、よく分かりませんが、形の種類が色々あるんでしょうかね。ネイビーというからには、海兵隊みたいな感じのベレーを指してるんでしょうか。そして、三番目には「ジャイ子」が入りました。

 それ以降を見ましても、そう変わったものは無いようで、「ペコちゃん」やら「画家さん」やら、まぁそれぞれに自分なりの「ベレー帽といえば」のイメージを持っていらっしゃるようです。それでもやっぱり強いのは手塚治虫先生と剛田ジャイ子先生の模様ですな。いや、ぶっちゃけ誰だろうとどうでもいいんですけどね、このスペース自体いきあたりばったりでカタカタ打ってるんで気にしないで下さい。

 雄島亭は手塚治虫先生を草葉の陰から応援しています。

 九月二十一日   デュークといえば東郷だよな。

雄島亭はゴルゴを草葉の陰から応援しています。

 この後ちゃんとデューク先生に倣って歩く素直な我々。


−−−−−


本日のこのスペース】

 明日早いんや、4時起きやねん。だから、な。

 九月二十五日   組み合わせ。

雄島亭は坊主を草葉の陰から応援しています。

 最近久々にスーツを着る機会があったのですが、アレですな。坊主とスーツっていうのは合わないようです。

 少なくとも私の場合は何か変な感じになってしまってしまいます。ブレザーの高校生かしら…?でもそれにしては老けてる…みたいな。

 やっぱりもっと渋い大人じゃないと、坊主でスーツを着こなせないってことなんでしょうか。とりあえず、渋さ成分を補う為に常に顔をしかめてみることに。後は少しでも大人の魅力が出てることを祈るのみ。


 で、

 道中、電車の窓ガラスに何か勘違いしてるっぽい阿呆が映っててちょっと切なくなった。


−−−−−


本日のこのスペース】

 明日も早いんや、4時起きやねん。だから、な、な、な。

 九月二十七日   ふくよかな方には馴染み深い歌…かな。

雄島亭は野兎を草葉の陰から応援しています。

 今日はずっと思い出せずにいたことが解決した記念日。

 デブデブ百貫デブ〜という出だしで始まる言葉遊びなのですが、どうしても途中の「白いはウサギ」の部分が抜けてしまっていて、イライラしていたのであります。かといってGoogleを使うのも負けた感じなので、頑張って思い出そうとしていたのですが、今日ついに思い出せてヒャッホウ!ってな具合。

 まぁ、それだけの話なんですが、コレで終わるのもなんなので、一応全文書き残しておきます。

 
デブデブ百貫デブ、車に轢かれてペッチャンコ、ペッチャンコは煎餅、煎餅は甘い、甘いは砂糖、砂糖は白い、白いはウサギ、ウサギは跳ねる、跳ねるは蛙、蛙は緑、緑は葉っぱ、葉っぱは痛い、痛いは注射、注射は怖い、怖いは幽霊、幽霊は消える、消えるは電気、電気は光る、光るはオヤジのハゲ頭!

 これには地域差が結構あるらしいです。ウチの場合、葉っぱが何故痛いのか良く分からないのですが、当時の同級生たちは松などの刺さると痛い葉っぱもあるということで納得していました。

 デブへの悪口で始まるのに最後は全然関係ないハゲオヤジに落ち着くという、なんとも軽快なリズムの歌でありまして、結構気に入っていたものです。ああ懐かしき小学校時代。


−−−−−


本日の生物兵器】

 私は虫は大嫌いですが、この子はいくらグロくても大好きです。

 あ、当然この後には虫の写真が来るので嫌いな人にはゴメーンね☆








 

 玄関にて堂々と鎮座なさっていたので記念に一枚。対ゴキブリの生物兵器と呼ばれる、アシダカグモであります。こんなデカイのどこから入ってきてるんでしょうかね。

 こいつがいればゴキがいるという証明なのですが、そんなことは百も承知なので結構結構。こやつがゴキちゃんを自動的に捕食してくれるというところが大事なので、見つけても放置。いつもご苦労様です。しかも、朝の寝ぼけてるときにいきなり目に入ると、一気に目が覚めちゃったりして、目覚めのお供としてもベリーグット。

 ただ、ひどく心臓に悪いのでお年寄りにはオススメできません。

 雄島亭はアシダカグモを草葉の陰から応援しています。

 九月三十日   看病。

雄島亭は風邪気味の人を草葉の陰から応援しています。

 日頃の不摂生の成果か、風邪をひきました。

 そんなわけで寝込んでいたのですが、自分のために寝込む用意してるとちょっと悲しくなってきますね。枕元にタオルよし、水分よし、着替えの服も手の届くところに置いておこう、 「よーし、今日は特製たまご粥だー」なんて言いながら鍋に向かう時なんて、ハンカチ用意したくなるくらい。

 確か僕の予定では大学生のうちに彼女が出来て、看病してもらう→添い寝等のイベントが起こるはずだったのですが、もう四年生なのですが、来春卒業なのですが、イベントの…というか出会いのフラグすら見えません。

 あと風邪ひけて一回ってところなので、早めにお願いします、ロマンスの神様。


−−−−−


本日のオススメサイト】

 インターネットでテレビ番組を見るというのも普通な世の中になってきましたね。もう無料っていうのも当然な要素となっているのでしょうか。そんなこんなでとりあえずオスススメサイトです。

 GyaO[ギャオ] (http://www.gyao.jp/)

 もうかなり有名なんでしょうかねココ。私はつい最近知ったのですが、映画とか好きなタイミングで見られるのがいい感じですね。画質はまぁそれなりになりますが、そう気にする人でもない限り問題はないのではないでしょうか。メアド等を登録するだけで簡単に見れるという点も良さげです。CMも普通に民放見てる時ぐらいの頻度でそう気になるものでも無いです。

 とりあえず私は寝込みつつココで映画を見ていました。番組数も結構な数で、これを無料で楽しめるっていうのは、なかなか良い時代になったナァとかぼんやり思ったりする次第であります。教習所通ってる最中なので「免許が無い!」が改めて好きに。

 適当な説明でしたが、興味持たれましたら一度見てみては如何でしょうか。

 雄島亭はGyaOを草葉の陰から応援しています。