適度に程々にのたくたと三国志。

国王

過去ログ 
 十二月二日   色香攻城兵。

  

 友人から頂いたエロねーちゃんを速攻でオリカ化。サイトは更新しなくてもこういうことはチマチマとできる男です。はい、ダメ人間。そういえば、今回でこの三国志大戦日誌も10回目だそうで、そろそろ初心者の称号を取って、中級の下くらいっていう自分の位置づけをしときたいと思うわけです。さて。そういうわけで本日のデッキをば。


【デッキ】
 LE(脳内)何太后 C逢紀 UC 田豊 Cトウ頓 C張任 R顔良
【兵法】
 連環の法マスター 速軍 増援
【初期配陣】
――――――――――――――――(中央ライン)
逢 田 張
紀 豊 任

何 ト     顔
太 ウ     良
后 頓


【結果】
 勝率3割くらい。…とは言ってもまだ10戦もしていないので何ともいえない。コンセプトは、逢紀と田豊がひたすら前進し、それを甘い色香で回復させ、弓2と顔良で場を制圧するという感じ。開幕乙デッキなので、開幕一発も入れれずに防ぎきられると辛いものがあるけど、自爆や水系や誉が頑張ればなんとか出来ないことも無い…って感じ。上手くいった場合でも、連環をいつ使うかで結構悩んだり。連環次第では恐ろしいことにできそうな予感もするけど、なかなか難しい。ひたすら回復する攻城兵を城壁に張り付かせて延々と弓マウントを続けられるのが快感だけど、なかなかそう上手くもいかないのが難しいところか。張任と田豊が如何に早く踏まれるかが超重要。最初からギリギリの攻防の連続で、使ってて楽しいデッキではあります。まだ回数が少ないのでデッキ相性とかは良くわかんない。高武力中心だとキツイかもしれない。落としきれなかった場合は大抵のデッキに対して劣勢な予感。


 いきなり○××の背水の陣状態の制圧戦中にこのデッキをぶちこんだのですが、開幕の立ち回りに失敗し、号令で一気に潰されました。制圧戦超える気あんのか俺。他人から見たらネタとしか思えないけど本人はガチなつもりのデッキばかり使っておりましたら、挑戦回数2桁が見えて参りました(´・ω・`)ガチダモン…


【最近の戦利品】
C何太后 R陳琳 UC小喬 etc...


 十一月某日   SR孫堅単。

  

 なんかここの日記書くのも久しぶりです。画像はSRファザーリオン、計略名は全身総攻撃。元ネタが分かれば何故SR周瑜に当てたのか分かってくれるはず。いや、分からなくても結構だが。

 そういえば最近私の周辺の三国志ライフに変化が訪れました。ホームにしているゲーセンが木曜日に一時間千円(カード排出なし)ということを始めたのです。もうあらかた使いたいカードが揃ってきた身としては嬉しい限り。一時間に大体7プレイとして、三国志1プレイの単価が約150円くらいにまで下がって、三国志大戦が始めて経済的なゲームに思えて参りました。まぁ、カード排出という楽しみが減ったというのも確かですけど。

 さて、肝心の三国志大戦のほうは、前回の日記(十一月上旬)で9州に辿り着いたのはいいものの、砦に4回押し返され、制圧戦で6回失敗し、現在は7回目の制圧戦○××という具合で、10回くらいは挑戦する覚悟をしている次第なのであります。フリープレイということで負けてもあんまり痛くないので、疲れたときにSR孫堅単で「我が屍を越えよ」とかやってるからこんなことになってるのかもしれません。勝率35%まで落ちました。

 んまぁ、そんなワケで最近のデッキをば。


【デッキ1】
 SR孫堅
【兵法】
 連環の法マスター 速軍 増援
【基本配陣】
――――――――――――――――(中央ライン)

             孫
             堅

【結果】
 遠慮なしで攻めてくる人が相手でも士気5貯まるまで孫堅を殺さずに耐え切らなければならないので、まず最初にご挨拶の意味も込めて兵法連環。ジョークの分かってる相手はここで兵法使ってくれる。その後は、連環で上手く動けない隙に槍撃槍撃槍撃。果敢に攻めるのが気分高揚のコツ。連環が切れたり、潰されそうだと感じたら、すぐに引いて、士気5貯まるのを待つ。士気5貯まったらもう他にすることはない。効果範囲に相手部隊を入れて清清しく計略ボタンを押して「我が屍を越えよ」。あとは、孫堅が復活するまで城が持つことはまず無いので、次のプレイの準備を始める。当然一回として勝ったことがない。相手がどんな反応するか、それだけが楽しみ。
××××××××××(ここ10戦の戦績)



【デッキ2】
 UC大喬 UC韓当 C潘璋 旧R馬周瑜(以下ストライダー) 旧R孫権 UC徐盛orR甘寧
【兵法】
 連環の法マスター 速軍 増援
【基本配陣】
――――――――――――――――(中央ライン)

          潘璋
        ―――――  
       /   徐    \
     / 韓  盛   孫 \    周
    /   当  大   権   \  瑜
           喬

(周瑜・潘璋・大喬は相手次第で色々移動)

【結果】
 勝率は3割くらい。ストライダーが端攻城に火計にと大活躍。序盤でストライダーがピンポンダッシュできてしまえば、あとは舞って守りっぱなし。馬が多いとキツイけど、2体までなら効果の長い麻痺矢(もしくは双弓麻痺矢)で止めてしまえるので、案外なんとかなったりする。潘璋もいることだし。全体的に知力も高めなので、ダメ計も一発くらいなら耐えられる。一気に押しつぶしに来たらストライダーで焼いたり、手腕で防ぐのだけれど、なかなかそう上手く士気が回らないのが現状。挑発とかが怖いものの、蜀相手にはそう負ける気がしない。



 …という、SR孫堅単とストライダー入り遠弓の二つが新しいところ。実際のメインとしては前回の日記で書いた女性単を使っております。総武力17なのにそれを感じさせない魅力。しかし、やはり私にはテクニカルすぎてスキルがおっつかないので、別のデッキへの乗り換えすべきか迷っているのです。んで、試しに今流行りの魏呉屍とか人馬を使ってみたのですが、しっくりこない。ああ、大将軍やワラワラ系に慣れすぎて号令で一気に進軍するというスキルが全く無いことに気付いてしまいました。沢山の武将一箇所に集めて一気に攻めるとか、主に使ってきた女性単・遠弓・大量生産のどれにも無いものね。偏ったデッキを使ってきた弊害が今ここに!って感じです。


 さて、この先どうやって9州制圧戦突破するかにゃー。とりあえず2連勝できることを神に祈っておこうか。

【最近の戦利品】
SR孫堅×2 SR張角 SR太史慈 旧UC厳氏 旧UCスウ etc...


 十一月某日   女性単。

  

 こんなチラシの裏の裏みたいな日記見てる人いるのかと思うけど、個人的記録だしいいやと開き直って今日も更新だ。モテモテ王国という君主名、オンナスキーという君主名。全てはこの時のためにッ!というわけで、最近は攻城兵を卒業して女性単を愛用している私です。最近の鬼ツモにより得たカード+2200円で買った周姫様で組むのです。


【デッキ】
 SR呂姫 SR蔡文姫 SR周姫 R王異 R呉国太 旧R貂蝉 董白(いわゆる6S覇王型)
【兵法】
 連環の法Lv8(ついに実用レベルに)
【基本配陣】
――――――――――――――――(中央ライン)
    
    王   ―――――  貂
    異  /  呉    \ 蝉
呂    / 周 国 蔡   \   董
姫   /   姫 太 文     \ 白
             姫

【結果】
 勝率3割くらい。一つミスすると笑えるくらいにガタガタに乱れる。高武力槍が数本あったりすると馬操作が苦手なこともあって、めちゃくちゃに。知力高めだから伏兵は全然平気だけど、今度は迎撃が怖い。逆に、相手の槍が低武力一本だったりするとかなり気楽にやれたり。なので、基本的に蜀は嫌い。あと、個人的に大水計は嫌い。
×××××××○○×○○×○○×○×○×(ここ20戦の戦績)


 勝ちパターンみたいなのはほとんど無かったりして、場当たり的なことが多いけど、理想は相手号令→望郷→兵法連環で全滅させて総員攻城。開幕での望郷や天下無双改は女性単ならではの快感だと思ったり。防御は戒めが上手く使えないために望郷にたよりっぱなしなので、相手が増援使ってきたりすると勝手に一人でピンチになったり。基本は呂姫と王異が連突して相手を乱して、その隙に董白が端攻城したりして、ちまちまと。計略運用は自然と生まれる士気差を利用して各人の計略を使い分ける感じ。大将軍デッキと違って攻めや守りのバリエーションがやたら多くて、正直うまく説明なんかできやしない。


 負けパターンとしては、迎撃もらいまくったり、ここぞという場面で蔡文姫や董白が一騎打ちで落ちたりすると、ギャーって感じになったりする。あとは、計略のミスとか、低武力なので、ここぞという場面を逃すとどうしようもなくなる。相手が冷静に綺麗にこっちを捌いてきたりすると、かってにパニックになって自滅する場面も。


 IC二枚目始めのうちは神弓大量生産とか、さらに尖ったデッキで楽しんでたりしたのですが、相手によっては一方的にメタメタにされる場面も増えてきたので、大量生産から離れて女性単に辿り着いてみた所存。一般で言われるネタデッキから卒業できません。8州から開始しまして、30戦ほどしてようやく9州に辿り着きました。制圧戦5回くらい失敗したデスヨ。勝率はうなぎ下がりなのですが、ようやく馴染んできたかもしれないとか思えるくらいなので、このまま頑張ろうと思うのですよ。


【最近の戦利品(引きのみ)】
SR孫尚香 SR王異 SRシン洛 R張合β R陸遜 etc...

女性単使い始めて30戦くらいで女性SR三枚。これはもう運命とか思っておこう。
これプラス、友人から孟獲を貰いました。使わなさそうだけどサンクス。


 十月某数日   乱れ大量生産。

  

 どうにもロマンに生きたがる私は、今日も今日とて攻城兵で突っ込むのであった。ちなみに君主カードは無事見つかりました。親切な人ありがとう。ありがとう。


【デッキ】
 UC張勲 旧SR甘寧 SR太史慈 C許攸 UC田豊 
【兵法】
 連環の法Lv5(育ってきた)
【基本配陣】
――――――――――――――――(中央ライン)
田          許  太史慈  甘
豊          攸         寧
       張
       勲

【結果】
 よく分からないけど5割くらい?高武力馬にはお手上げだが、弓相手には結構勝てる、槍いないし。蜀相手は相手が槍撃使うのが上手いとキツイ。ダメ計には酷く弱い。


 勝ちパターンとしては、開幕は太史慈の弓に任せて許攸甘寧が突っ込む。張勲は許攸を肉壁にして突撃、もしくは弓集めとか。伏兵がいる場合には許攸と田豊が踏んでくれることを祈りつつ進軍。大抵無理なので、せめて甘寧が踏んでくれることを祈る。許攸と甘寧が落ちたら太史慈と張勲は城に撤退。太史慈は落ちても張勲は絶対に落とさない。田豊は伏兵状態のまま攻城ラインギリギリで待機。ここで相手がマウントをとりに来たらバンザイ。城を一発二発殴られてても気にせず、真っ先に死んだ許攸が復活してたりするので、香車戦法で端攻め&田豊ステルス攻城&連環で終了。

 まぁ、田豊が必ずステルス攻城できるわけでも、相手が不用意にマウントとりに来てくれたりするわけでもないので、なかなか上手くいかないことの方が多いわけなのですが、上記のパターンが決まると、思わずニヤリとしてしまうのであります。正に「私がやりたかったのはこれでございますぞ」。他のパターンだと、甘寧が奮起戦法で粘って無理やり攻城とか、乱れ撃ちでマウントとか。まぁ大抵大量生産でゴリ押しなんですけど。相手が焦れば焦るほどに勝率が上がるというシステム。上手い人相手だと全く通用しないのでその辺は頑張らなくては。

 負けパターンとしては、開幕しばらくしての中途半端なタイミングで張勲と太史慈が落とされて、そのまま落城負けとか、マウントとられて「フヒヒ、ここで連環、大量生産じゃ」って感じで張勲城から出した瞬間に勇猛持ちと一騎討ちとか。場面がどうあれ張勲が一騎討ちで落ちた瞬間に負けを確信する時って結構ある。一騎討ち苦手なので、どうせやるなら甘寧さんで頼むって感じなのです。あと、超絶強化なお馬さんがいたりすると一人で攻城兵全員撃ち落とされたりするので、だめだーってなることも。防御目的で連環使った時は大抵ダメになる。あとは明らかなミスか…攻城ラインギリギリで攻城準備中の田豊が誰もいない敵城壁に向かって水計放った時には、相手の失笑が聞こえてくるような気がした orz <私がやりたかったのはこれではございませんぞ


 …という感じなのです。攻城兵ひたすら突っ込ませてるだけだったりするので、カード操作が二枚だけで良かったりするデッキなために、最近一人でもそこそこ戦えるようになってきたので、プレイ回数が多くなってきたり。とりあえずICカード一枚目が終了した現時点で七州途中。一番キツかったのが四州の最初だったワァ。もうしばらくこのデッキで頑張ろうと思う私なのでした。


【最近の戦利品(引きのみ)】
LE元宮関羽 LE横山張飛 SR呂蒙 SR周瑜 SR蔡文姫 SR袁紹 R華雄×2 R荀イク R曹操 etc...

大体40回くらいLE2枚にSR4枚の引き…仕様が変わったのか…?それとも呪い?この調子でLE司馬懿とかSR周姫とか出てきて欲しいと思うのです。
これプラス、友人からLE劉備、R司馬懿、R馬超貰いました。感謝。



 十月某日   攻城兵4枚大量生産。

 月曜日に絵日記を更新したと思い込んでいたわしは、君主名オンナスキーの名に恥じないように女性武将に入れ込むことにしたのであった。

 で、出来たのがコレ↓だ。初めてなコトだらけだったので失敗作3枚くらいの末に出来た2枚なのだけれど、出来は正直イマイチ。オリカの道は険しいのです。次はUC大喬をSRにしよう。

---------------------------

  

ファ「発表いたす。お待ちかねの今日の作戦は、大将軍がもてるのでそれにする!」
オン「大将軍…張勲か」
ファ「攻城兵が何度も特攻しては復活するバカバカしさに、
   つい、ちゃんと戦略練ろとか様々な思いを込めて、とにかく敵陣が激しく反応いたす。
   そこにつけこんで、攻城しまーす。張勲式突入戦法!」
オン「冒頭のSRオリカと全く関連性がないな…」
ファ「うるせー!激しくうるせー!」

 …というような極マイナーなネタを今回もひっぱってみたがいかがか。とにかく、たまにはロマンに生きてみる覚悟をして大量生産デッキを組んでみることにした。


【デッキ】
 UC張勲 C丁奉 旧SR甘寧 UC田豊 C許攸 C逢紀 
【兵法】
 連環の法Lv2(育てたい)
【結果】
 3勝4敗


 SR甘寧の堅さは異常。一人では絶対に止められないようで、城壁に張り付いた甘寧一人に相手三人とか素敵な構図に。一度開幕に伏兵で甘寧、一騎打ちで張勲を落とされてそのまま開幕落城負けをしたりしてウギャーってなったりしたが、それ以外の時は負けた時でも壁を二回は叩けていたので、プレイスキルがあればそこそこいけそうという手ごたえが。相手の攻城を無視して攻城兵たちが大量生産で城を落としに行くという姿はロマンの塊。負けた時はいずれも張勲を落とされて大量生産が封じられてしまった時であったので、武5馬の張勲をいかに殺さず生かせるかが課題かにゃー。今回はとにかく攻めて攻めて攻め続けるという方針だったのだけれど、もっと考えて攻めたいトコロ。


 まだ四州。三州までとは相手が明らかに違うって感じするワァ。

 あと、
また君主カード店に忘れてきた。なんてドジ属性!店のカウンターに届けられてることを祈りつつ今日はもう寝るわ。


【今日の戦利品(珍しく引きのみ)】
SR呂姫 SR孫堅 R馬超 R曹操  etc...



 十月九日   乱れ遠弓。

 さて、今回もやって参りました、初心者のチラシの裏的三国志大戦日記。金が無いと騒ぎつつもなんだかんだで毎週プレイしているというのが中毒度を表しております。

---------------------------

  

ファ「発表いたす。お待ちかねの今日の作戦は、呉軍がもてるのでそれにする!」
オン「呉軍…」
ファ「遠弓の舞の最高の射程を以って柵の中からチクチクするバカバカしさに、
   つい、ちゃんとカード動かせとか様々な思いを込めて、とにかく槍兵が激しく反応いたす。
   そこにつけこんで、攻城しまーす。大喬式突入戦法!」
オン「確かに…槍に対するダメージが上がったようだな。麻痺矢強くなったり…」

 …というような極マイナーなネタはこの辺にしておいて、全国対戦初戦で大敗したのでずっと使っていなかったのだけれど、ミーハーっぽく呉弓ブームに乗って弓を。麻痺矢赤壁でいくか乱れ遠弓でいくか迷った結果、初期に愛用していたということで遠弓でやってみることに。


【デッキ】
 UC大喬 旧SR太史慈 旧R周泰 旧R孫権 UC韓当 
【兵法】
 再起の法Lv4(とりあえず)
【結果】
 6勝5敗
 10/8 ○蜀四枚
     ○大徳デッキ
     ×涼馬デッキ
 10/9 ○車輪デッキ
     ○呉弓
     ×神速
     ×隙無き栄光
     ×他呂布と象さん
     ○大徳
     ○麻痺矢デッキ
     ×蜀五枚

 槍のみや弓のみの相手だと、遠弓が発動してからは全く近寄らせないくらいの勢いに。蜀デッキのほとんどに入ってたR姜維の挑発は確かに辛いけれど、遠弓であれば挑発の範囲内まで姜維が近づいてくるまでに半分以上削れてしまっていたりするのでなんとかなったりして、そこに太史慈の乱れ撃ちが加わるとどうしようもなく。相手が下手なせいかもしれないが、高武力騎馬も一体だけならなんとかなる感じ。未だに攻め時が分からない私なのだけれど、周泰と孫権あたりを突っ込ませて、そこに乱れ撃ちでマウントをとればいやらしいということを学習した。あと、周泰がいると意地で結構なんとかしてくれるということも学習。後で死ぬとはいえ、一人で敵を殲滅してくれる姿は素敵でした。

 悔やんでいるのは9日の三戦目の対神速デッキ戦。地形が右端以外悪路で、馬が万全に戦える状態じゃないというのに、結構僅差で負けてしまった。敗因としては、相手が何で来ようと太史慈の乱れ撃ちで応戦していたことか。R孫権の手腕があるのに一度として使ってなかったわ。あとは9日の八戦目の蜀五枚、相性も別に悪く感じず、実際途中まで有利に進めていたのに、攻めるタイミングを間違えて、周泰・太史慈を落とされて、はい、カウンター落城。

 残りの、人馬、隙無き栄光、象さんについては相手が本格的に攻めだしたら、あはははははって呆然と笑ってるしかできないくらい見事に潰されたのでウフフ。周泰の男の意地に淳于瓊の鳥巣の断末魔ぶつけてくるとか素敵。

 まぁ、こうして普通にやれてるのも相手も低州で両者ともに下手なお陰なのだろうけど、遠弓で相手が攻めあぐねる姿は結構楽しいのでしばらく遠弓を使おうと思ったのでした。次はUC大喬、R甘寧、R陸遜、UC徐盛、UC韓当でやってみようかしら。

 ああ、あと今回ので13勝11敗(多分)で4州になりました。以上。



【今日の戦利品(貰い物、買い物含む)】
旧UC大喬 UC小橋 R孫堅 R郭嘉 R司馬徽 etc...



 十月一日   大量生産。

 
君主カード無くした。
/(^o^)\なんてこったい

 しかしめげない私は、新しいカードで頑張ることに。君主名はオンナスキーで心機一転だ。とりあえず前回と同じ桃園デッキで4回全国対戦を行って1勝3敗というところ。負けた相手はいずれも呉軍デッキ。なんだこの相性の悪さ、いや俺が下手なのか。そんな状態で、本日も友人と共にゲーセンへ。

---------------------------

  

 さて、今回使うのは前回メタメタにされた大量生産デッキ。


【デッキ】
 UC張勲 R顔良 UC張コウ UC田豊 C逢紀 C許攸
【兵法】
 再起の法Lv2(Lv減少)


 いつものように友人に助けてくれよと頼みつつプレイしていたのであるが、相手が攻城兵に慣れてなかったのか何なのか、気付けば落城勝ち連続で6連勝(`・ω・´)

 こちらとしては、ただ単純に

1.開幕と同時に全員突っ込ませて、逢紀と許攸が死んだら後退(田豊は伏兵状態のまま前進)
2.こちらの主力は既に大抵瀕死で、敵が攻めてくるので頑張って耐える
3.ようやく田豊が敵城に到着→ステルス攻城
4.相手が守りに力を裂く頃には序盤早々に死んでる逢紀と許攸が復活→香車戦法でかく乱しつつ突っ込む
5.攻城兵3人が死んだら大量生産

 …というような、ワンパターンで顔良の良さを発揮できてないやりかただったのですが。攻城兵に攻撃されるまま無視してる人やらいたので、相手が良かったということでしょうか。

 その点、七戦目の相手は冷静で今までのようにいかなかったので、先陣の誉れや一番槍や水計や自爆と色々やってみたのですが、見事に計略の大半が空振りしまして落城負け。上手い人が相手だとちゃんとプレイスキルが無いと駄目やなぁと実感したのでした(´・ω・`)


 しかしアレだな、攻城兵はこの足の遅さと一発の重みが素敵で好きだわ。張勲に惚れる。

 全国対戦通算成績は7勝4敗。気付けばなんだかんだで3州になっております。


【今日の戦利品(貰い物、買い物含む)】
旧SR孫策 R郭嘉 R于吉 旧R周瑜 旧R孫権 旧R周泰 旧R孫尚香 旧R張昭 旧R関羽 旧R趙雲 etc...



 九月十八日   桃園。

  

 いつものように三国志大戦の先輩である「S」「M」と共にゲーセンへ。今日は全国対戦を進めるために頑張ろうという私である。とりあえず最初は大量生産デッキで。


【デッキ】
 UC張勲 R顔良 UC淳于瓊 UC田豊 C逢紀 C許攸
【兵法】
 再起の法Lv3(いまだに一択)


 呂布さんには前回も痛い目にあっているので警戒するわし。三体の攻城兵を突っ込ませて死なせて大量生産で一気に攻めるというデッキ。…なわけだが、布陣が悪かったのか使う俺が素人なのが悪かったのか、開戦直後に一気に淳于瓊と顔良を殺されのっぴきならなくなってあっという間に落城

 ( ゚д゚)ポカーン

 横で見てた友人二人も何も言えず苦笑。チクショウ。あまりにもワケ分からない負け方をしたので、俺には難しいデッキなのだと自己解釈して次の戦いに挑む。今度は以前から使っていた蜀デッキだ。


【デッキ】
 R劉備 R関銀ペイ R趙雲 UC張飛 UC黄月英
【兵法】
 再起の法Lv3(いまだに一択)


 桃園で攻めるのだけれど、攻城兵への夢は冷め切ってはいない。真面目に攻城兵を使おうとしたらSが使用していたデッキを真似ただけになってしまった(SはR関銀の代わりに夏侯月姫)。

 二戦目の相手は呂布さんと象さんの愉快な仲間たち。よし頑張るぞと息巻く俺だが、開始直後の正兵の法でそのまま押し切られて一気に落城。またもや( ゚д゚)ポカーン。


 同じデッキでめげない俺の三戦目の相手は呂布ワラ。もう呂布はいらないと嘆くが相手が使ってくるんだから仕方ない。前半ずっと押され続けて今回も駄目かなーとか思っていたが、なんかやたらいいタイミングで全員集合して「忠義の援兵」→「桃園の誓い」のチャンス。相手にダメ計はいない。忠義の援兵もかけ終わって、あとは桃園で一気に…と思ったら間違えて「若き血の目覚め」が発動。( ゚д゚)ポカーン→防ぎきられてカウンター落城。もうね、死ね俺。


 本日見事に三連敗。先日含めれば全国対戦四連敗となり、ショックを隠し切れないわし。モテモテ王国の名が泣いてるんじゃよー。だがここで負け犬になるわけにはならないので意地で四度目の挑戦をする。今度も桃園だ。


 本日四戦目の相手は四色混ざってる良く分からないコンセプトのデッキ。なんか初めて初心者っぽいデッキの人と出会えた。ずっと一州でやってるはずなのにおかしいよね?とりあえず象さんが邪魔だったりしたのだけれど、適当に攻めて適当に守ってで時間切れで勝ちを拾う。本当に適当にだ。桃園で一気にとか見せ場の欠片も無かった。しかし、勝ちは勝ちなので勝利に酔いしれるリトルおろかなわし。


 勢いに乗った五戦目。相手は蜀中心のデッキ。相手に黄忠がいたのでMさんに「変更で弓強くなってるから一人いるだけでも恐いかも」とありがたい警告をいただく。しかしなんだかんだで中盤に桃園→若き血と繋げることに成功し、そのまま一気に落城勝ち&二州昇格。しかし喜んでいる暇はない。店の予約システムの関係で台を空ける時間が迫ってきて、早くどけと後ろで店員が睨んでいるのだ。


 そんな複雑な心境の中六戦目。相手のデッキはよく覚えていないのだが、呂布が居たことは記憶に残っている。全国対戦7戦中4回も呂布に出会うとは。もはや運命とか宿命とかそんな感じだ。毎回呂布には痛い目に会っているが、今回は相手も勝率が低いようなのできっとなんとかなると自分を鼓舞する。そして気がつくと前半中盤と押し続け、城に張り付く味方へのしつこいほどの忠義の援兵での粘りと、張飛の車輪の活躍によって、気がつけば時間切れで勝利。初めて呂布を破った喜びを噛み締めつつ撤収。


 実は手が回らない分はまだ友人に手伝ってもらいながらやっているのだが、なんか戦法とかが分かってきた気がする今日この頃なのですよ。今後はもう少し一騎打ちをなんとかしないと桃園使ってるだけに酷い目に会いそうだ。


【今日の戦利品(貰い物多数)】
LE張飛 R許チョ UC田豊 UC公孫サン UC李儒 C鄂煥 etc...



 九月三日   栄光。

  

 三国志大戦の先輩である友人二人と共にゲーセンへ。今日使ってみたのは袁軍の栄光の大号令デッキ。比較的袁はカードがあるように思ったから。それだけの理由。


【デッキ】
 R袁紹 R田豊 R顔良 UC淳于瓊 UC劉備
【兵法】
 再起の法Lv3(ほとんど一択)


 袁で群雄伝やるのもアレだし、友人が一緒なので店内対戦を。友人はM、Sの二人で、二人とも三国志大戦は熟練者。普通にやって敵う道理もないので、一人と対戦してる時にもう一人にサポートしてもらう。しかもMさん戦は相手コスト6.5でのハンディ付。

 結果としては、サポートのおかげでよく分からないうちに二戦とも勝利。前半はタイミングも分からずせっかくの「隙無き攻勢」や「先陣の誉れ」もロクに使えずグダグダだったが、耐えられれば士気がたまってからの「栄光の大号令」はなかなかに爽快だった。しかしこのデッキは見事にムサいおっさんばっかりで華の欠片もないな。


 実はこの栄光の大号令デッキを使う前に、Mさんと一度先日の遠弓デッキで戦っていたが、全体強化計略で一気に押し潰されている。弓単はやっぱり弱いのかとの疑問が頭をよぎるわし。その疑問を払拭すべく店内対戦が終わった後、全国対戦に挑んでみた。

 自分は当然先日の遠弓デッキ。初めての対戦にドキドキする僕である。しばし待たされた後に現れた相手は三州の呂布ワラデッキ(友人説明談)。同じ一州の相手とやるんじゃないのか、嘘つき!

 前半遠弓の舞いまでは普通にいけたが、その後SR呂布さんを前に一気に打ち破られてあっという間に落城。もう、え?アレ?って感じで終わってしまった。友人は相手との相性が悪かったと言っていたが、この遠弓デッキ本日二度目の大敗であるからして、動揺を隠し切れない私であった。やっぱり…弱いのかしら?


お気に入りになるかと思われた弓デッキ一歩後退ぎみ。


【今日の戦利品(貰い物含む)】
SRホウ統 SR呂布 SR賈ク(旧) Rホウ統 R趙雲 R太史慈 R司馬徽 etc....

-------------------------

名前の入力めんどくさすーとか途中まで嘆いていたが、辞書ツールを見つけた。便利な世の中だ。

三国志人名辞書
http://www.vector.co.jp/soft/data/writing/se090024.html


 八月三十日   遠弓。

 ROをやめてかなり経つというのに新しいコンテンツが決まらなかったので、適当に三国志大戦のプレイ記録をつけるページにすることにした。初心者なので色々おかしいかもしれないから熟練者は温かい目で見守るといいよ。三国志大戦知らない人は分からないので見ないといいよ!

 ちなみに私の三国志大戦のスペック的なものを書き連ねると、

 名前 モテモテ王国
 戦績 8戦1敗(全部CPU戦)
 カード 友人からお下がりでもらったカード多数+ブックオフの福引で買ったカードとか
 デッキ よく分からない。馬とか動かすのめんどいので蜀の槍ばっかりのデッキ使うこと多し。
 お気に入り SRファザー諸葛亮(知力10なのが嘘臭くて素敵)

---------------------------

  

 さて、今日は以前友人が使ってて楽しそうに見えた遠弓デッキを真似してみた。使ってた本人がぶっちゃけ弱いと言っていたが、なんか楽しそうなのでそれでいいんだ。


【デッキ】
 UC大喬 UC朱然 UC張絃 R甘寧 SR呂蒙
【兵法】
 再起の法Lv3 (これしかない)


 全国対戦は怖いのでいつも通り群雄伝でCPUどもと戦う。とりあえず呉伝を選んでみたものの、主要な武将を入れてないので全くイベントが成立しなくて世知辛い。


 とはいえ、一章の相手は所詮黄巾さんたちなのでなんということはない。開戦直後に柵が一個破られたくらいの時点で初期配置の敵は全滅。動かさなくてもいいなんて弓は楽だと喜ぶリトルおろかなわし。遠弓の舞いが発動してからは一度も柵に張り付かれることもなく、張絃で防柵強化やらSR呂蒙の麻痺矢の大号令をしてる間に落城。たまにしかカード動かさなくていいのが良いと感動した。


 二章は相手が西涼の騎馬さんということだが、構わず弓で。というか、このデッキしか持ってきていない。開戦直後に馬さんたちがUC張絃さんの柵に殺到。UC張絃の人気に嫉妬。当然柵が破られてR華雄さんが嬉しそうに突っ込んでくるがなんとか撃退。相手のR華雄さんはなにかと武力上げて突っ込んできて鬱陶しいことこの上ない。遠弓の舞いが発動してからは敵はほとんどR華雄さんのみに。しかし、なんかお馬さんたち足が速いので攻撃のタイミングがよく分からない。とりあえず防柵再建やら防柵強化やらで無駄に防御だけ完璧にしてみたが、やっぱり攻撃のタイミングが分からない。終了前にR甘寧さんを突っ込ませてみたが、見事に伏兵を踏んでジャーンジャーンげえっR賈ク。引き分けに。


 釈然としなかったのでもう一度一章と二章を同じデッキでやってみることに。

 一章は同じ展開だったので略。二章も序盤の展開は同じだったが、途中麻痺矢の大号令使って攻城しに行ったら普通に成功。ちゃんとやれば落城できたかもしれないけど、適当なところで切り上げて柵の中でひきこもる。携帯に届いたメールの返信書いてたら終わってた。以上。


 何するにしてもタイミングが分からないにゃーってのが感想。


【今日の戦利品】
 R賈ク(因縁?) R魯粛 UC淳ウケイ Cソ授

------------------------

どうでもいいが長いな。こんなんで続くわけねぇ。




TOP